2019年10月17日

クローゼットにしまう前に

こんにちはexclamation

染み抜き専門店  せんたく屋しんの元木です。

帰宅した後、
脱いだ洋服はどうしてますか?
そのままクローゼットにしまっていませんか?


一日着用していた洋服は、
汗や湿気、ホコリや菌などが付いたままです。
そのまましまうと・・・・カビや臭いの原因に(なんとexclamation


せっかくのお気に入りの洋服も、
クローゼットから出してみたら、
カビやシミがついてるかもしれません。

脱いだ洋服は、ひとまず
ハンガーにかけてブラッシングしましょう。
しっかりホコリをはらってください。


その後は風通しの良い場所に。
一晩干してからクローゼットにしまいましょう。



ただし、着用した洋服を
長くクローゼットにしまいっぱなしは要注意exclamation×2
汚れは洗濯しないと取れません。




特に夏は汗をかいて
乾いていても汗の成分は残っています。
それが、汗ジミや黄ばみの原因になるんです。


しばらく着ない洋服は洗濯すること。
汗や汚れをしっかり除去できる当店の
クリーニングにお任せください。
キレイで清潔にメンテナスしてから、
クローゼットにしまってくださいね。

次に着る時にも、
気分よく着ることができますよるんるん
posted by せんたく屋しん at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月12日

シワをつきにくくする方法

こんにちはexclamation


染み抜き専門店 せんたく屋しんの元木です。



何枚ものアイロンがけって大変ですよね。
でも、このシワって・・・・いつ付くんでしょう?


じつは、シワが発生するのは、洗濯のとき。
それも、特に「脱水」が原因です。


とはいっても、シワにしたくないからといって、
脱水しないわけにはいきません。


そこで、なるべくシワにならないようにする、
いくつかのポイントをご紹介しますね。



まず、洗濯ネットを使用すること。
洗濯物がからまってシワになるのを防ぎます。
それに、からまりやこすれを防ぐことで
そのままで洗濯するよりも
衣類のダメージを軽減してくれるんです。



そした、その洗濯ネットを利用する際にも、
大事なポイントがあります。



それは、洗濯ネットに入れる際には
きちんと「衣類をたたんで入れる」ということ。
これ、くしゃくしゃにして入れてる方が多いですよね?
それから、ボタンやチャックなども、
ちゃんと留めてからネットに入れてくださいね。
このひと手間で、洗濯後のシワ軽減に役立つんですよ。



また、脱水時間を短くすることも大事です。
最近の洗濯機は性能もいいので、
短い時間でもしっかり脱水できます。


干した時にシワが少ないと
気分もスッキリです。
ぜひお試しくださいねるんるん
posted by せんたく屋しん at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月01日

スマホ決済できるようになりました。

IMG_3757.jpg




当店もスマホ決済できるようになりました。

PayPayです、よろしくお願いします。
posted by せんたく屋しん at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月18日

消臭・除菌スプレーに頼らないで

こんにちはexclamation



染み抜き専門店  せんたく屋 しんの元木です。



まだまだ暑いですねあせあせ(飛び散る汗)
少し外を歩いただけでも、すぐにお洋服は汗だくです。



その汗が染み込んだお洋服。
一日が終わったらどうされていますか?



「消臭・除菌スプレーして干しておこう。
これで菌もなくなってばっちりキレイるんるん
で済ませてませんか?



でもそれって・・・・ちょっと待ってくださいexclamation×2
消臭スプレーでは汚れは落ちません。(な、なんとどんっ(衝撃)
薬剤で臭いや菌を包み込んでいるだけで、
実際に汚れが無くなっているわけではないのです。




臭いは臭いのもとである汚れを、
洗って取り去るのが一番です。



仮に100歩ゆずって、匂いが消えていたとしても・・・・
(くどいようですが、閉じ込めてるだけできえてませんが)
「染み込んだ汗」や「汚れ」が取れているわけではないですよね?(た、確かにexclamation



汗が見えてないだけで、衣類には確実に染み込んでいます。
それを「匂いがしないから」と放っておくと、
それこそがシミの原因となってしまうのです。



とにかく夏の汚れ落としの基本は洗濯です。
消臭スプレーはあくまでも、
洗濯を補助するものという意識で使いましょう。



ここ数年で、クリーニング店の現場では、
「消臭・除菌スプレーのかけすぎで」が原因の
トラブルでお洋服をお持ちになるお客様が増加しています。
具体的には、消臭・除菌スプレーのかけすぎで、
「洋服の手触りや色が変わってしまった」
というケースがとても増えているんです。



ですから、
消臭・除菌スプレーの使い過ぎにはご注意を。
臭いはごまかせても、汚れはごまかせません。
着用した衣類は洗濯すること。



そして、
大切なお洋服はぜひ洗濯のプロである
当店でのクリーニングをおすすめします。
衣類、汚れの内容にあった洗濯方法で
しっかり汚れを除去します。
正しい洗濯方法が、
衣類の長持ちに繋がります。
夏の衣類のお悩みも、
お気軽に当店にご相談くださいねるんるん
posted by せんたく屋しん at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月10日

洗剤の投入口掃除してますか?

こんにちはexclamation




染み抜き専門店  せんたく屋 しんの元木です。


毎日のように使う洗濯機、
『洗剤投入口』、『柔軟剤投入口』は、
使ってますか?



洗濯機能専用の投入口がある場合、
洗剤の際の
液体や粉の洗剤や柔軟剤は、
指定された通りに必ずそこに入れましょう。



実は、洗剤を直接、洗濯物にかけてしまうと、
水にまんべんなく溶けません。
中には、衣類に染み込んでしまい、
洗いムラができることもあります。



それに、せっかく高機能の商品を使っても、
いかせなかったらもったいないですよね。
ただ商品によっては、
直接洗濯槽に入れるものもありますから、
まずは、使用方法をよく読んでからお使いください。


正しい方法で利用こそ、
汚れもキレイに落ちるものです。



さて、投入口をちょっとチェックしてみましょう。
汚れが付着してベトベトになっていませんか?



洗濯機の掃除の中でも、
投入口は忘れがちな箇所みたいです(汗)
湿度のある夏は、
特に汚れやカビに注意してくださいね。



洗濯の後は、
いつも濡れた布拭きとっておくと、
それほ手間はかかりませんよ。
こまめに掃除するよう心がけましょう。
posted by せんたく屋しん at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月19日

フォーマルウェアのクリーニングはこまめに

こんにちはexclamation


染み抜き専門店 せんたく屋しんの元木です。


時には突然着る機会があるフォーマルウェア。



着替えて、ハンガーに掛けたとき、
「一度着ただけだから・・・・このままでいいかな?」
と、もしかしたら、
そのままクローゼットにしまい込んでいませんか?
(ドキッexclamation




一度でも着れば、見えてはいなくても
必ず皮脂や汗が付いています。(がーーーーーん)




フォーマルウェアは
毎日着るものではありませんよね。
だから、今日着た後にそのまましまい込むと、
もしかしたら次着るのは来年かもしれません。




見えない皮脂や汗汚れが付いたままで
長時間放置すると・・・・?
それこそが、カビやシミの原因になるんです(なんとexclamation




突然訪れた次の着る機会に、
「シ、シミやカビになってるたらーっ(汗)
「今からクリーニングは間に合わない(涙)」
なんて、直前になってバタバタと慌てることになりかねません。



だからこそ、そうならないように
フォーマルウェアは、一度着たら
必ずクリーニングに出しましょう。



特に夏の暑い日の着用では、
皮脂や汗は必ず付いているはずです。


洗濯のプロである当店にお任せください。
しっかりと汚れを除去し、
スッキリ清潔にします。



大切な時に着る高価な
フォーマルウェアだからこそ、
こまめにクリーニングに出しましょう。



次に着る機会でも慌てずに
スッキリ着こなしたいですねるんるん
posted by せんたく屋しん at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月27日

ベストなハンガーサイズ

こんにちはexclamation


染み抜き専門店  せんたく屋しんの元木です。





ちゃんとハンガーにかけておいたのに
「か、型崩れしちゃった(涙)」
こんなこと、たまにありますよね?



そんな時は、もしかしたら、
「ハンガーのサイズ」が
洋服に合ってないのかもしれません。



実はハンガーのサイズって大事なんです。
一度洋服の肩幅を測ってみましょう。



ハンガーには男性用、女性用、子供用サイズなど、
さまざまなサイズが販売されています。
ベストなのは、
【洋服の肩幅から1〜2pを引いた】サイズ。
このサイズが、洋服の形をきれいにキープします。



逆に、合わないサイズでは、
肩幅と違った部分にシワや跡がつきます。
デリケートな衣類は特に気を付けましょう。



そして、洋服の種類ではハンガーの幅も大切。
ジャケット肩の部分の型崩れを防ぐには、
幅広のハンガーがおすすめです。
とにかく、洋服を長持ちさせるためにも、
服のサイズに合う丁度良いものを選ぶこと。



さらに、ポイントがひとつexclamation
合うハンガーを見つけたら、
統一して購入するといいですよ。
収納がガチャガチャならず、
服のシワや型崩れを防ぎます。



ベストなハンガーを使ってスッキリ収納することは、
洋服に良いメンテナンスになりまするんるん
ぜひお試しくださいね。
posted by せんたく屋しん at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月18日

夏は洗濯物が臭くなりやすい?

こんにちは!

染み抜き専門店 せんたく屋 しんの元木です。


夏。晴れた日のお洗濯は気持ちいいですね。
あれ?
でも、なんかモヤモヤと・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
臭うのはなんだろう?
「わっ!せ、洗濯物の臭いだ(汗)」
夏って、こんなことありますよね?



夏は気温が高いので、よく乾きそうですが、
日本は湿度が高いお国柄。
雑菌が繁殖しやすいため、
洗濯物が臭いやすいのです。


そんな夏の洗濯のポイントをご紹介。


まず、洗濯機の蓋は常にあけておきましょう。
ちょっとみっともないかもしれませんが(汗)
でも、臭いや雑菌防止には効果的♪
使用してない時でも風通し良く、
しっかり乾燥することを心掛けてくださいね。


そして、洗濯する際は
洗濯物を詰め込みすぎないこと。
絡み合って服が傷んでしまいます。


さらに、洗ったらすぐ乾かしましょう。
時間が経つと服がシワシワになってしまいます。
せっかくの素敵な洋服も、
シワシワでは魅力も半減(涙)


汗で濡れたものは、すぐに洗うこと。
菌が繁殖すると、においの発生や
服を傷める可能性があります。


また、風通しのいい場所で
間隔をあけて干すことも大切です。
服全体が乾きやすくなりますよ。



お洋服の悩みはお気軽に当店にご相談ください。
洗濯のプロがそのお洋服に最適なメンテナンス方法をお伝えします。


ちょっとの工夫で快適なお洗濯ライフを
楽しんでくださいね♪
posted by せんたく屋しん at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年06月27日

新品の服は、洗ってから着る?

こんにちはexclamation

染み抜き専門店 せんたく屋 しんの元木です。


もしかして・・・
新しい洋服を買ったら、
そのまま着ていませんか?


実は、洗濯できるものは、
一度洗ってから着た方が無難ですよ。



なぜなら、
新品の洋服であっても作られる過程では、
工場から、問屋、店舗・・・・と渡っていき、
多くの人の手が触れているものです。



それに、
様々な化学薬品を使っているものもあります。
キレイであっても、製品としての仕上げで
糊のついた生地は汗を吸いにくい状態です。



確かに新品の衣類は、見た目は素敵だしキレイです。
でも、アレルギーや肌の弱い方は気を付けてくださいね。



特に肌に直接触れる下着などは、
必ず水を通すことをおすすめします。


手間はかかりますが、安心して着るには、
ひとまず洗濯してスッキリ清潔にしましょう。
posted by せんたく屋しん at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年06月04日

お布団をしまう前に!

こんにちはexclamation


染み抜き専門店 せんたく屋 しんの元木です。


冬のお布団、本格的にしまいましたか?



暑かったり、涼しかったりで、
本格的にはしまえずに、
押し入れにいれたままの、お布団や毛布って、
ありますよね?


でも、そろそろ本科的にしまってもいい頃かもしれません、。


さて、そのお布団。
きちんと【お手入れ】してからしまってますか?
「もちろん、干してからしまってますよー」
という方・・・・
それって・・・・
・・・・
・・・・
要注意なんですよ(なんとexclamation



なぜなら、お布団は、
想像しているよりもたくさんの汗を吸っています。
人間は、一晩でコップ一杯分の汗をかきます。
これって当然ですが・・・・
シーツを通り越して、お布団まで浸透しています。



そのしみ込んだ汗を天日干しにしたからといって、
・・・・
・・・・
・・・・
とれているわけではないですよんね?(た、確かに)


その結果翌年お布団出したときに
「き、黄ばんでるexclamation(汗、汗)」
なんてことにもなりません。


また皮脂やホコリはダニの大好物exclamation
そのままでしまってしまうと・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
ダニが繁殖してしまうこともあります(なんと!)



でも、このダニは天日干しでは死滅しません。
ダニを駆除するには洗濯が鉄則。
だからこそ、お布団は洗ってからしまってくださいね。


ただお布団を
家庭洗濯機やコインランドリーで洗うと、
「よれ」などによる変形がおきることがあります(涙)
片よったお布団では保湿や心地よさが半減、
もしかすると使えなくなってしまうかもexclamation&question



なので、お布団を洗うのは、
プロであるクリーニング店におまかせをexclamation


不安な場合には、お気軽にご相談ください。
汚れを除去してダニも撃退。
しっかり清潔に、そしてフワフワによみがえります。


人生の3分の1はお布団の中です。
その3分の1もの人生を気持ちよく寝るためにも、
お布団をしまう前に必ず洗ってくださいねるんるん
posted by せんたく屋しん at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記