2018年02月19日

冬の洗濯物を、はやく乾かすコツ

こんにちはexclamation


染み抜き専門店 せんたく屋しんの元木です。


寒い冬。
洗濯物がなかなか乾かなくて
困りますよね。(汗)


何時間も干したのに、
なんだかジ〜ットリ(涙)
少しでもはやく乾いてほしい・・・・
そんなときってありますよね?


そこで、ハンガーを使った豆知識をご紹介るんるん
まず、ハンガーを2本用意してください。
そのハンガーを重ねた上に、シャツをかけます。
そして、普段通りに
ハンガー2本を物干しにかけて下さい。
ここまでは普通です。


そして、
2本のハンガーを少し離して
シャツの中を空気が通るようにしましょう。


実は、洗濯物をはやく乾かすポイントは、
風通しを良くする事です。
なので、この立体干しで、
乾きやすくなるんでするんるん


この立体干しは、
タオルなどにもバッチリ応用できますよ。
しかも、とっても簡単。


ぜひ一度試してみて下さいね。
少しでもはやく乾くと、
嫌な臭いやカビの予防にもなりますよわーい(嬉しい顔)
posted by せんたく屋しん at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月07日

セーターの温かさがよみがえる方法

こんにちはexclamation


染み抜き専門店 せんたく屋しんの元木です。


うーーーがく〜(落胆した顔)寒いですねたらーっ(汗)


寒〜〜〜〜いっ(涙)
そんな寒さ本番には、
やっぱりウールのセーターるんるん
ウールは天然繊維の中でも最も温かい素材。
冬の定番ですね。


その温かさの秘密は、ウールの特性にあり。
実は、冬でも人は汗をかいています。
その汗が、体温を奪う際に、
寒さを感じるそうです。


でも、ウールには、
▼高い吸水性が体温を奪うのを防ぐ
▼湿気を吸収した時に発熱する
という嬉しい特徴があります。


また、「クリンプ」が重要なポイント。
この「クリンプ」というのは、
バネのように弾力のある縮れのこと。


暖かな空気の層を作り保温性を高めます。
だから、他の素材よりも暖かいんですねるんるん

でも、そんな温かさも
汚れたままだと・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
保温性が低下します(がーん)



汚れで繊維が詰まってしまい、
クリンプの弾力や保温性が損なわれるのです。
いつもの温かさも半減するかも(涙)


とは、言っても、
ウール素材は家庭の洗濯だと、
縮んだり、型崩れも心配ですね。


でも、安心してください。
当店のクリーニングでは、
素材に最適な洗浄で汚れを落とします。
クリーニングをしてキレイにすることで、
ふっくらとした温もりがよみがえりますよるんるん


柔らかくて暖かい衣類で、
寒い冬を乗り切りましょうグッド(上向き矢印)
posted by せんたく屋しん at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記