2018年11月21日

スラックスのアイロンがけ

こんばんはグッド(上向き矢印)


染み抜き専門店 せんたく屋 しんの元木です。



暑い夏は終わっても、
一日中、身に付けてるスラックスは
着ているうちに型崩れしていきます(汗)
見た目がくたびれたスラックスでは
せっかくの身だしなみが台無しですね(涙)



ちょっとひと手間ありますが、
一日が終わったら、
次に着る機会の為に、
アイロンをかけて形を整えましょう。



スラックスのアイロンのかけ方には、
いくつかのポイントがありますよるんるん



まず、ヒップは、生地を裏返にして
アイロン台にはかせるように置きます。
そして、プレスしていきましょう。



次に、表に返して軽くプレス。
足部分は片足ずつ、
縫い目に合あせてアイロン台に置きます。



そして、一番くたびれて見える膝exclamation×2
そこはスチームの出番です。
膝はスチームを当てて、
たるみを取ります。
裾を押さえながら、まっすぐに
裾から股下にかけてプレスします。



最後に、全体にピシッと見えるように、
前後の折り目をしっかりつけましょう。



スラックスがスッキリきれいに整っていると、
見た目も印象もランクアップわーい(嬉しい顔)
きっと、気分まで爽快に過ごせますよるんるん



posted by せんたく屋しん at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月10日

アクリル製品のお洗濯のコツ

こんにちはグッド(上向き矢印)


染み抜き専門店 せんたく屋 しんの元木です。

秋深まり、冬の到来を感じる季節。
最近はアクリル製のセーターなど、
ニットをよく見かけますね。
なんといってもアクリル製は軽くて暖かいるんるん
ウールに比べて安いのもうれしいるんるん
だから、日常使いにニットは重宝です。



でも、ご家庭でのお洗濯では
「あれっ?・・・伸びちゃった(涙)」
なんてことも、少なくありません。
そんなニットの洗濯のポイントを
いくつかご紹介しますね。



まず、ニットは毛玉ができやすいですから、
裏返してネットに入れること。
そして、型崩れをふせぐには、
脱水後は早く取り出しましょう。
形をしっかり整えて陰干ししますが・・・・




ここが重要ポイントexclamation
ニットは干す作業が重要です。
吊り干しは簡単ですが、
水分の重みで伸びてしまいます(涙)
ですから、ニットは平干しをして下さいね。


また、アイロンもちょっとしたコツがあります。
熱に弱いニットは、低温度で当て布が原則。
バスタオルが当て布には便利です。
直接アイロンを当てないようにしてください。



でも、・・・・色々気遣いが必要なニット。
自宅でのお洗濯には勇気がいります(汗)



そんな時は、洗濯のプロの当店にお任せくださいるんるん
型崩れを防ぐように、丁寧・大切に洗浄。
空気をたくさん含んだ、
ふんわり肌触りの良いニットによみがえらせます。



これからあったか衣類が心地良い季節です。
せっかくのニットも、ヨレヨレだったり、
臭ったり、汚れていると台無しです。
ましてや型崩れなんて、もってのほか(涙)



是非、クリーニングでこまめに洗って、
いつもキレイなニットで出かけましょうねるんるん
posted by せんたく屋しん at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記