2018年10月24日

クローゼットの扉  閉める?開ける?

こんにちはわーい(嬉しい顔)


染み抜き専門店 せんたく屋 しんの元木です。


クローゼットの扉って、普段は閉めてますか?
それとも開けっ放し?


「ジメジメして衣類がカビたらどうしよう?」
そう思って、クローゼットの扉を開けっ放し。
それは確かに、通気性は良いと思います。
湿気対策にはいいような気がしますね。


でも、実は
閉めておかないと・・・・・、
防虫剤の効果がなくなってしますんですよ(なんとexclamation
防虫剤の成分がどんどん外に出てしまっては、
せっかく効果の高い物を置いていても、
設定の効果期間よりも短くなってしまいます。


それに、ホコリや日焼けも気になります。
ホコリって知らない間に
どんどんクローゼットに溜まっていきますよね。
そうなると、キレイに掃除するもの大変です。


さらに、日差しははカーテン越しでも
しっかり部屋に入ってきています。
片側だけが日に焼けてるexclamationなんてことも(涙)



ですから、
クローゼットは普段は閉めておきましょう。
そして、湿気対策には、湿気取りを置くこと。
たまに扉をあけて空気を入れ替えましょう。




衣類などをぎゅうぎゅう詰めにいれるのも
湿気や虫食いの元です。
シワにもなりやすいので、
ゆったりと収納する事を心がけて下さいね。



あっ。ちなみに当店では、お洋服自体に
「防虫加工」を施すことが出来ます。
これであれば、クローゼットを開けていても、
そのお洋服自体の防虫効果は薄まりません(エヘンexclamation
なので、クローゼットの扉も開けておきやすいので、
湿気対策にもなりまするんるん



クローゼット内の湿気が気になる方は、
当店の「防虫加工」も検討されてくださいね。
posted by せんたく屋しん at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184758647
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック